Designed by Photoangel / Freepik
Uncategorized

大学を休学するメリット・デメリット[体験談] 休学を悩んでる方へ

この記事は

・大学を休学するか悩んでいる方

・大学休学中で不安な方

・自分の将来が不安な方

には参考になると思います。

 

こんにちは

大学を休学するか悩んでいる方って結構多いのではないでしょうか。

休学するってどことなくネガティブなイメージがあり、不安に思う方もいるんじゃないんでしょうか。

僕も休学を経験しているのですが、休学する前もしてる途中も不安がありましたし、色々悩んでもいたので気持ちはわかります。

しかし今思えば休学してよかったかもと思えることも沢山あるので、休学して得られたメリットをシェアしていきたいなと思います。

 

大学を休学するメリット

1.1 目標のための時間が生まれる

学部にもよるとは思いますが、大学生活って思ったより忙しくないですか。

授業に課題にバイト、人によってはサークルなどの人づきあいでだらだら時間を浪費してしまいます。

大学の授業もちゃんと集中できればいいのですが、友達としゃべりながら授業を受けるといった習慣はなかなか抜け出せるものではなく、授業時間も意味のないものになっている人もいるのではないでしょうか。

ほんとは「英語の勉強がしたい・動画の勉強がしたい」となどやりたいことがある方でも、一度大学中心の生活サイクルにはまってしまうと、なかなかやりたいことに時間を割けないものです。

僕も学生の頃は専門科目の勉強と同時並行で英語のスキルを高めたいと思ってましたが、人付き合いに流されたり、余計な課題に時間を取られたりとなかなかうまくいってなかったのです。

自分の場合、専攻科目もちゃんと勉強したかったので休学することによって支障がでるかもと不安になりましたが、このまま卒業して社会人になると一生英語の勉強はできないと思い、休学をしました。

結果一年で英語のスキルはかなり上がったので、休学して正解だったかなと思います。

休学後はきちんと専門科目の勉強を集中しましたが、何ら支障がでるということはなかったです。

1.2 自分のやりたいことを整理できる

大学生は卒業するとすぐ社会人になる人が多いので、進路に頭を悩ませてる人も多いかと思います。

僕が学生時代に感じてたことは、いつも学校で一緒にいるメンバーからしか将来のビジョンや就職先に関する情報や影響を受けれないということ。

毎日同じメンバーと過ごしていると考え方もそこに染まってしまいますし、どうしても周りの意見や考え方に流されてしまうことが多かったように思います。

今思い返してみると、休学中友人とつるまずに一人で将来のことを考えていた時間は、いつものコミュニティではないところから情報をとってきたり、周りの考え方に流されることがほとんどなくなりました。

結果本当に自分がやりたいこと、そのために必要なことが明確になったのでその点休学してよかったなと思います。

1.3 復学後、大学の勉強により集中できるようになる

当時は考えてもみなかったのですが、復学後は大学の勉強にかなり集中できるようになりました。

理由としては、休学=一学年送遅れるため周りに友人がいなくなるため一人で授業を受けることが多くなり、授業や課題に集中できるからです。

授業中友達とだらだら話すなんて全くできないですから。

この効果は思っている以上に大きかったです。

多少の寂しさはありましたが、友人たちと会えなくなるわけではないのですぐに慣れました。

大学を休学するデメリット

2.1 お金がかかる

まあ僕は休学は休学することはメリットが多いと思ってはいますが、デメリットも少なからずあります。

休学中は正規の学費は発生しませんが、在籍料という名目でお金がかかります。

学校や学部によりさまざまですが、だいたい10万から20万ほどです。

また一人暮らしの場合、下宿期間が休学期間分伸びてしまうのでその分のお金もかかります。

お金に関しては両親の都合もあり一概には言えませんが、休学中に自分の成長につながるのであれば僕は安いお金だと思います。

社会人になればほんとに自由な時間はやってきませんので、それだけ休学中というのは価値があります。

たまに卒業が伸びるから生涯賃金が下がるという方もいますが、これからの時代は生涯賃金なんてどう転ぶかわからないので、今成長することに目を向けましょう。

2.2 精神的に孤独を感じることがある

休学すると同学年の友人たちと卒業時期がずれるため、寂しさをかんじることもあるでしょう。

休学期間中に自分の選択が正しかったのか不安になるときもあります。

ですが先ほども述べた通り一人で将来のことを考える時間は、いい意味で周りからの影響を受けなくなるため自分の本当に描きたい将来のビジョンを探すことができます。

また精神的にもかなり強くなります。

僕は休学期間中に感じた孤独は、自分を大きく成長させてくれたと感じています。

孤独を好きになろう。孤独力が高いと得られるメリットが多いです この記事は ・人付き合いに少し疲れている方 ・友人が少なくて悩んでいるという方 ・なかなか目標を達成するための...
孤独は辛いものじゃない!孤独を愛せば強くなれる この記事は ・なかなか友人ができなくて悩んでいる方 ・人とコミュニケーションをとるのが苦手な方 ・趣味や人生観...

大学に行く意味を見出せないなら辞めても構わない

僕は大学を卒業しましたし、大学はなにかしら得るものがあると思ってはいますが、そこに価値を見出せないならば、やめてしまっても構わないと思います。

これからの時代は終身雇用制度が崩壊し、ひと昔前に比べると大企業に就職するということの価値がなくなりつつあります。

またネットが浸透し、様々な情報があふれている現在において、大学に行かなくても自分のやりたいことが勉強できる環境が整っています。

僕の周りで大学を中退した人は何人もいますが、自分のやりたいことを見つけて勉強しながら充実して生活しています。

休学期間中におすすめの過ごし方

休学期間中は沢山の時間を自分のやりたいことに費やすことができますが、目的なくだらだら過ごしたり、バイト漬けの生活をしていては意味がありません。

僕は休学期間中は英語を勉強していましたが、やりたいことがある人はその勉強をしたらいいかと思います。

なにをやればいいかわからないという人もいるかもしれませんので、今からの時代に学んどいて損はないことを挙げるとすれば、英語・プログラミング・動画編集・ミクロ経済などです。

ブログをその期間に頑張ってみるということもいいかもしれません。

僕は時間を見つけては一人旅をしてきましたが、そのたびに価値観がかわったり精神的に強くなれたりとお金以上に得るものがあったので、旅に出るのもおすすめです。

生活費を稼ぐためにバイトしなきゃいけない気持ちはわかりますが、そこに時間を浪費するのはもったいないです。

お金欲しい人は治験に参加してはいかがでしょう。

治験期間中はずっと自由時間のため、勉強したり読書をしながらお金が謝礼金としてもらえます。

僕は今まで三回治験に参加してきましたが、とてもいい経験になりました。

 

この記事が皆さんの役に立てれば嬉しく思います。