Designed by Photoangel / Freepik
Uncategorized

時間の無駄!行きたくない飲み会に参加しなくなるだけで自分のやりたいことができるようになった

この記事は

・最近飲み会が多いことに疲れている人

・人間関係で悩むことが多い人

・将来の目標がある方

には参考になると思います。

 

こんにちは

大学生の間でも会社の中でも、ことあるごとに飲み会って開催されますよね。

正直飲み会ってあんまり好きではありません(人数やメンバーで多少は変わりますが)

僕は元々誘いを断るのが苦手なタイプで押しに弱い性格なので、飲み会があれば嫌々参加していました。

ですがある日を境に参加したくない飲み会や遊びには断るようになった結果、わりといいこと尽くしだったのでシェアしていきたいと思います。

飲み会を断るメリット。飲み会分以上の時間が生まれます

1.1  飲み会に行かないとその分できることが増える

一つ目のメリットとしては当たり前ですが、時間に余裕ができるということ。

飲み会はだいたい2~3時間程度のものですが、これを月に数回、そして毎月行うとなると割と時間を浪費することになります。

将来の目標に向けて専門分野の勉強をしていたり、英語の勉強をしている人たちなら共感できると思いますが、働きながらこれらの勉強時間を作り出すのはとてもむずかしいこと。

ブログを書くことなども同様です。

多忙な人の中には10分程度の隙間時間をかき集めて、目標のための時間を作っているという方もいるのではないでしょうか。

そういう人にとっては月に1回の飲み会でも時間が惜しくなるはずです。

飲み会を1回断ればブログ1記事書けちゃいますからね。

余談ですが

「1杯だけ飲んで帰ろう」

と思って、何時間も滞在してしまった経験はあるあるのはず。

 

1.2 目覚めがよくなる

この点も意外と見過ごせません。

というのも飲み会に奪われる時間はせいぜい2~3時間でしょうが、家に帰ってから集中して何かに取り組んだりすることが難しくなるばかりではなく、次の日の朝もだらだら過ごしてしまうことが多くなるからです。

つまり飲み会分以上の時間を浪費してしまっているわけです。

アルコールを身体に入れると眠りにつきやすくなりますが、その分眠りは浅くなります。

これはアルコールを身体が分解している間に起こる現象で、科学的に認められるものです。

寝起きは脳がクリアな状態なため、1日のうちで最も仕事や勉強がはかどる時間帯です

この時間帯をだらだら過ごしていては、そりゃ勉強する時間はとれないよねって思いますよね。

1.3  無駄な出費が減る

これも当たり前ですが、行きたくない飲み会にお金を払っても何も生まれません。

僕は飲み会に行かなくなるだけで、金銭的な余裕が少し生まれた気がします。

また友達とご飯を食べ行くときに少しいいものを食べることが増えました。

チェーンの居酒屋でも3000円くらいはかかり、それをなんの疑問も持たずに払ってる方も多いと思いますが3000円って食費で考えるとなかなか高額です。

チェーン居酒屋のご飯って特別おいしいってわけでもないですし、今の僕ならそこに3000円使うならお寿司でも食べに行きたいですね。

また浮いたお金を本などに使えば、より自分のポテンシャルを高めることができます。

1.4 余計な人間関係が減る

ん?と思う方もいるかもしれません。

飲み会に行く人の中には前の僕のように断れず嫌々参加しているという方も多いとおもいます。

そういう人たちは飲み会を断ることによって、

「周りの人たちが離れていくことが怖い」

という思いがどこかにあるはず。

でも今だからこそ言えますが、飲み会を断ったくらいで切れる人間関係なんてたかが知れています。

今周りにいる人達だけを大事にしましょう。

中途半端な人間関係の輪が周りに多くあればあるほど、自分の時間を無駄に消耗する機会が増えたり、精神的に疲れる機会が増えたりします。

最初は怖いですが、一度誘いを断ると何かが吹っ切れたのか、人間関係で悩むことはなくなりました。

孤独を好きになろう。孤独力が高いと得られるメリットが多いです この記事は ・人付き合いに少し疲れている方 ・友人が少なくて悩んでいるという方 ・なかなか目標を達成するための...

飲み会自体は悪いものではないので、完全に禁止する必要はない

お金を得るのも、趣味に時間を費やすのも、恋人との時間を楽しむのもすべては幸福感のある生活を得るためです。

娯楽や人付き合いだって幸せで豊かな生活のためだと考えると飲み会自体も、お金を稼いだり、やりたい仕事をするために努力したりすることと同様、幸せのための過程と考えることができます。

なので飲み会に行くこと自体が悪いことではありません。

この記事で話しているのはあくまで優先順位の話。

飲み会よりやりたいことがあるのに、無理に他の人の顔色を気にしてまで他人に合わせる必要はないということです。

自分の心の声に素直に従いましょう。

僕は基本大人数の飲み会にはまず参加しませんが、久々に会う似た目標をもった仲間や初めましての人がいる(新鮮味のある話が聞けるかもしれないので)飲み会には行くこともあります。

目標を掴むためには何かを犠牲にすることも必要

自分が将来やりたいことというのは、他にも同様に目指している人が多くいる場合がほとんどです。

そして周りのライバルたちは必至に努力しています。

そんななか自分が好きなことだけしてても、その目標を叶えるなんてできません。

先ほどもお話しした通り、自分が幸福を得るための方法はいくつもあり、その中のどれを選んでも構いません。

ですがその選択肢の中で、目標を叶えることを自分の幸福を得るための一番の方法と選択したのであれば、他の娯楽や趣味の時間をある程度犠牲にする必要が出てきます。

目標がどの程度のものかで犠牲にする時間は変わってきますが、周りにライバルが多いと思うなら、他のことを犠牲にする覚悟を持ちましょう。

この記事がみなさんの参考になれば嬉しく思います。