Designed by Photoangel / Freepik
豊かな生活

楽天モバイルはiphoneでも使える?実際に試してみてどうだったのかをレビュー

楽天モバイル iphone

この記事は

・楽天モバイルに乗り換えを考えてる人

・楽天モバイルをiphoneで使用したときの使い勝手を知りたい人

・毎月の携帯代を減らしたい人

には参考になると思います

 

こんにちは

三大キャリアの中に食い込もうと次々と魅力的なプランを発表する楽天モバイル。

月々の携帯代の出費が気になる人にとって、楽天モバイルや格安simの情報は気になるところ。

ですが楽天モバイルはiphoneでの使用を推奨していないため、iphoneユーザーの方にとってはいまいち乗り換えていいのか悩みますよね。

僕も長い間iphoneユーザーだったため、楽天モバイルに乗り換えることを悩んでいたのですが、思い切ってauから楽天モバイルへ乗り換えてみました。

結果としては乗り換えても現在使用しているのiphoneをそのまま使うことができますし、乗り換えてよかったと感じています。

今回の記事では僕の体験談をもとに、楽天モバイルをiphoneで使ったときの感じを皆さんにシェアしていきますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

楽天モバイルでiphoneを使うデメリット

まず皆さんが一番気になるであろう、楽天モバイルをiphoneで使ったときのデメリットを紹介していきます。

一般的に言われていることだけでなく、実際に自分で楽天モバイルを使ってみてどうだったかの両方を記載していきます。

1.1 自社回線とパートナー回線が自動で切り替わらない

僕が楽天モバイル契約時に楽天の店舗で店員さんに、iphoneで楽天モバイルを動かすことへの懸念点を聞いた時に一番強調していた点が、自社回線とパートナー回線が自動で切り替わらないということ。

どういうことかというと楽天モバイルは自分たちの電波回線をもってはいるのですが、auやdocomoなどに比べて業界歴が浅い楽天は、まだ全国に十分な回線を広げることができていません。

なのでauの回線をパートナー回線として借りて、自社回線と同時並行で運用しています。

なので楽天回線が十分に張り巡らされていないエリアで通信速度が遅くなると、自動でauのパートナー回線に切り替わり、通信速度を落とすことなくスマホが使用できるんですよ。

ですがiphoneの場合はこのauへのパートナー回線へ自動で切り替わらないので、自分でmy楽天モバイルというアプリの中で回線を切り替える必要が出てきます。

楽天モバイル 回線切り替え左が楽天回線で右がパートナー回線

 

これはmy楽天モバイルアプリの最初の画面ですが、この画面の赤線部分のデータ高速モードのボタン自身でを右にスライドさせてオンにすることでパートナー回線へと切り替わります。

自動で回線が切り替わらないと聞くと不便そうに感じますが、個人的には気にならないどころかメリットにも感じました。

それはなぜか。

データ使用無制限を楽天モバイルが売りにしていることは皆さんご存じかもしれませんが、あくまでもこの無制限使用可能というのは自社回線である楽天の回線のこと。

パートナー回線であるauの電波は月に5GBまでしか使えません。

上記画像では残り4.2GBとの表示が確認できますが、これは今月使用できるパートナー回線のデータ残高になります。

なので自動で回線が切り替わってしまうと、知らないうちにこのau回線の5GBを消耗していたなんてことも。

僕は都内の地下鉄に乗っていても楽天回線のみで十分に電波は拾えておりますし、地方に住んでる家族も楽天回線でだいたいの場所は電波が届くとのこと。

なのでいざというときにパートナー回線が使えるように5GBを温存しておきたいので、僕はこのデータ高速モードは基本的にオフにしています。

切り替えも慣れればすぐ終わりますので、そこまで面倒なことではありません。

1.2 乗り換え前のキャリアで契約したAppleCareの保証サービスは終了する

iphoneを購入する際にauやdocomoなどでAppleCareの保証を付ける人は多いと思いますが、楽天モバイルに乗り換えるとこの保証サービスは解約になります。

保証がないのは不安かもしれませんが、他社から乗り換えた人向けに月額500円で[つながる端末保証by楽天モバイル]という保証サービスを展開しています。

なのでAppleCareがなくなってもちゃんと保証を受けることは可能ですので安心ですね。

この[つながる端末保証by楽天モバイル]は楽天モバイル契約時にしか加入することができませんので、乗り換えを検討している方は頭に入れておきましょう。

ちなみに三大キャリアではなくApple storeで直接AppleCareに加入していた場合は、乗り換え後も保証サービスは継続されます。

1.3 APN設定を自分でする必要がある

楽天モバイルでネットを使用するためには、スマホやiphoneにインストールされている設定アプリでANP設定をする必要があります。

APN設定とはスマホにインターネットの接続先を認識させる設定のこと。

楽天モバイルで購入したスマホの場合は、自動的にこのAPN設定が完了するのですが、iphoneの場合は自分でこのAPN設定をする必要があります。

APNと聞くと難しそうなイメージがありますが、実際にやってみると短時間で終わらせることができます。

楽天モバイルの公式ホームページにある初期設定方法(iPhone・iPad)のページにAPNの設定方法が書かれてますので参考にしてみてください。

ちなみに楽天モバイルの契約方法には店舗に来店して直接契約する方法と、Webのみで契約をする方法の2種類がありますが、店舗に来店して契約した場合は店員さんがその場でAPN設定をしてくれます。

なのでじぶんでAPN設定ができるか不安な方は、店舗で契約することを選択肢にいれておきましょう。

楽天モバイルでiphoneの対応機種はどれ?途中で機種変更はできる?

iphoneは古い機種になってくると最新OSのアップデートに対応できなくなります。

OSが最新にアップデートできないということは、楽天モバイルに乗り換えても動作保証ができないため、今お使いのiphoneの機種が最新OSにアップデート可能かは確認しておく必要があります。

またiphoneXより前の機種、iphone8なども現在の楽天モバイルのプランでは使用することができませんので、注意が必要です。

つまり現在ではiphone XRから使用できるということ。

楽天モバイルの公式ホームページでは

「iPhoneは当社の動作保証外端末でございますが、iOSのバージョンや機種によって、一部機能をご利用いただけることは確認しております。」

という記載がありますが、現在僕はiphone12を利用している限りはほとんどの機能が使えていますのでご安心ください(あくまでも保証外のため自己責任)

僕が楽天モバイルをiphoneで使用してみた詳細な体験レヴューやiphoneで乗り換えることが不安な方への対応策を以下の記事で詳しく述べていますので参考にしてみてください。

楽天モバイルの速度が遅い?乗り換え検討中の人に体験談をシェア この記事は ・楽天モバイルに乗り換えたいけど回線がつながるのか気になる方 ・楽天モバイルに乗り換えたけど、通信の遅さ...

なおこのリンク先記事では自宅でのデータ通信速度が遅いことも書いておりますが、楽天モバイルからの回答や自分の体験から考えると、自宅の場所や造りが速度が遅くなる原因であり、iphoneを使っていることが要因ではないようです。

楽天モバイルにiphoneのまま乗り換えるときの注意点

楽天モバイル iphone

先程も述べた通り、[つながる端末保証by楽天モバイル]は後から加入することができませんので、保証サービスを受けたい人は契約時に申し出ることを忘れないようにしましょう。

楽天側から保証サービスの案内や説明をしてくることがほとんどないので、後からAppleCareの保証が終わっていたことを知って保障サービスが受けられない人が結構いますので注意してください。

他にも楽天モバイルへ乗り換える際に気を付けるべき点を以下の記事にまとめてありますのでよかったら参考にしてみてください。

楽天モバイル 乗り換え 注意点
楽天モバイルに乗り換える際に注意すること。損をしたくないならチェックしよう この記事は ・楽天モバイルに乗り換えを考えている人 ・楽天モバイルに乗り換える際に気を付けるべきことが知りたい人 ...

iphoneを分割で購入してた場合はどうなる?

現在契約中の携帯キャリア会社でiphoneを分割して買っている方も多いと思います。

乗り換えるにあたって、分割して支払っている端末の残高を一括で支払わなきゃいけないのか不安に思う方もいるでしょうが、分割支払いはそのまま継続されますので安心してください。

例えばauでiphoneを分割で購入した場合、楽天モバイルに乗り換えた際にauとの契約は解消されますが、分割金の月々の請求はauから継続してくることになります。

楽天モバイルでiphoneは今後も使える?

こればかりは楽天側の意向によるため100%断言はできませんが、今後も楽天モバイルでiphoneを使える可能性は高いでしょう。

楽天側はこれからどんどん顧客を獲得していきたいのは間違いないので、iphoneユーザーが楽天に加入できなくなるようなプランやシステムを作ることは考えにくいです。

ただしOSのアップデートに対応できないような古い機種のiphoneは使えなくなっていきますので、古い機種を使っている人は買い替えを検討してみてもいいかもしれません。

まとめ iphoneでも楽天モバイルに乗り換える価値はあります

いかがだったでしょうか。

ざっと楽天モバイルのデメリットをまとめてみると

・自社回線とパートナー回線が自動で切り替わらない

・乗り換え前のキャリアで契約したAppleCareの保証サービスは終了する

・APN設定を自分でする必要がある

の三つがありますが、それぞれの項目でお話ししたとおり、捉え方によってはそのデメリットがメリットになったり、解決策が用意されていたりもするのでそこまできにならないのではないでしょうか。

もちろんこの先他の動作不備がでてくることも考えられますが、ユーザー拡大を狙っている楽天がその不備を放置しつづけることは考えにくいです。

なにより楽天モバイルをはじめ格安携帯は、大手の三大キャリアと比べて料金が格段に安くなり満足度も高くなります。

現在の楽天モバイルでは料金が安いだけでなく、データ使用量も無制限なので、デザリングを使えば、インターネット契約をしなくても自宅でパソコンを使用することができます。

毎月の出費を抑えたい人には楽天モバイルはとてもオススメできるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が皆さんの役に立てれば嬉しく思います。