Designed by Photoangel / Freepik
ファッション

(M35)フランス軍のモーターサイクルコートとは?羽織るだけで様になる名作をご紹介

この記事は

・古着(ヴィンテージ服)が好きな方

・かっこいいアウターを探している方

・お洒落になりたい方

には参考になると思います。

 

こんにちは。

最近ますます人気が上がり、値段も高騰しているユーロヴィンテージ。

服は好きだけど今まで古着を買ったことはなかったという方も多いと思いますが、古着を普段のコーデに入れると格段に雰囲気を出すことができますので、古着に挑戦してみてはどうでしょうか。

今回の記事では僕が不朽の名作、フランス軍のモーターサイクルコートを徹底解説していきますのでよろしくお願いします。

フランス軍のモーターサイクルコートとは

M35 モーターサイクルコート

フランス軍のモーターサイクルコートは1940年前後に作られたフランス軍のバイク部隊が着用していたコートです。

作られた年代でM35タイプとM38タイプの二種類があり、どちらのタイプもオーバーコート(アウターの上に羽織るコート)のため、オーバーサイズのコートになります。

その完成度の高さゆえ、マルジェラなどの有名ブランドもこのコートをデザインソースとして活用しています。

1.1 M35モデル

フランス軍のモーターサイクルコートは主にM35とM38の二つのモデルにわけられますが、主に出回っているのはこちらのM35タイプになります。

M35の名の通り1935年に発売されたモデルになります。

裾広がりのAラインシルエットで、軍ものなのにとてもエレガントな雰囲気をもっています。

モーターサイクルコート Aライン裾広がりのAラインシルエット

 

着丈が100cm以上の長めのものがほとんどですが、ごくまれにショートタイプのものも見つけることができます。

この記事で取り上げているのもこのモデルです。

1.2 M38モデル

M35の後継モデルとなるのがこちらのM38タイプ。

その名の通り1938年に開発されたコートです。

オーバーサイズシルエットですが、M35に比べると身幅も着丈もコンパクトなものが多いです。

フロントがダブル仕様になっており、よりデザイン性が強いです。

M35は割と古着屋などでも見つけやすく価格も安いのですが、こちらのM38はレア度が高く価格もかなり高めになります。

1.3 モーターサイクルパンツもある。

このモーターサイクルシリーズはコートだけではなくパンツも存在します。

コートと同じようにフランス軍のバイク部隊が着用していたもので、こちらもM35とM38の2タイプがあります。

パンツの上から履くオーバーパンツとして製作された背景から、かなりワイドなシルエットのパンツになります。

1.4 モーターサイクルコートは黒染めもある

モーターサイクルコート 黒染め

モーターサイクルコートやパンツは黒に後染めされたモデルも存在します。

価格はオリジナルのものとほとんど変わりません。

染めの途中で少し縮むため、オリジナルのものよりも普段使いしやすいです。

黒というカラー自体、様々なコーデに合わせやすいので、ミリタリー服初心者にもオススメです。

この記事では僕が所有している黒染めモデルを写真として使ってますが、ディテールやシルエットはオリジナルのものと変わりません。

(M35)フランス軍のモーターサイクルコートのディテール

モーターサイクルコートに限らず、軍服というのはデザイン一つ一つに意味があり、戦う兵士たちをサポートするための機能性がそのままデザインに結びついてるものが多いです。

この章ではモーターサイクルの凝りまくりのデザインを細かくご紹介します。

3.1 しっかりとしたコットンキャンバスの生地感

モーターサイクルコート コットンキャンバス

このM35コートの生地はかなり丈夫なコットンでできており、風合いがあります。

風を防ぎ場面でも耐え抜くことのできるこの丈夫な生地は、軍服だからこそのものです。

ウールやカシミヤコートのように上品さはありませんが、独特の土臭い雰囲気を放ちながらも、そのエレガントなシルエットにより、絶妙なバランスを保っています。

生地も厚すぎないので春秋仕様のものですが、かなりオーバーサイズのためインナーを着こめば真冬でも着ることができます。

3.2 フランスらしい丸襟

モーターサイクルコート 丸襟

ミリタリー服というと男臭さ前回のイメージが、ありますがフランスのミリタリーはその中にも上品なフェミニンさがあります。

そのフェミニンな雰囲気を作ってる要因の一つがこの丸襟。

先程述べた土臭い生地感なのに、荒々しくなりすぎないのはこの丸襟が醸し出す上品さでかいですね。

3.3 立ち襟とアジャスター

 

モーターサイクルコート 立ち襟

この丸襟は立たせて着用することもでき、襟を寝かせた状態とは全然違う雰囲気を作ることができます。

この立ち襟を保つためのアジャスターも抜群にかっこいいです。

丸襟が見えた状態はどこか女性らしい雰囲気でしたが、襟を立たせるとカチッとした男らしい雰囲気を作ることができます。

3.4 メタルボタン

モーターサイクルコート ボタン

このM35のモーターサイクルコートに使われてるボタンはメタルが使用されています。

このメタルは使えば使うほどいい感じに錆びて、独特の雰囲気を醸し出してくれます。

M35のコートは製造されてから長い年月が経っているので、デッドストックでも最初からいい感じの経年変化を楽しむことができます。

3.5 Aラインを強調するウエストベルト

モーターサイクルコート ウエストベルト

コーディネートを作るシルエットは大まかにYライン・Iライン・Aラインの三種類があります。

その中でもAラインは割とレディースコーデによくみられるシルエットで、メンズ服ではなかなか作りにくいシルエットです。

先述したようにこのM35コートはかなり裾に広がりがあるAラインシルエットなのですが、付属してあるウエストベルトを締めることで、よりAラインシルエットを強調することができます。

ミリタリー服なのにどこか上品さが垣間見えるのは、先程の丸襟だけでなくこのウエストベルトが作るAラインシルエットのおかげでしょう。

3.6 短い袖

モータサイクルコート 袖丈

モーターサイクルコートはとてもボリュームのあるシルエットなのですが、袖丈が明らかに他のアウターより短いんですよ。

僕は手が短い方なのですが、それでも手首が隠れない。

バイクに乗るときに邪魔にならないように、このようなデザインになったと言われています。

この短い袖に関しては賛否両論あると思いますが、僕はどこか可愛らしい感じがして好きです。

インナーの袖を見せて、レイヤードを楽しみましょう。

3.7 背面裾部分のボタンフライのスリット

モーターサイクルコート 背面 スリット左は正面・右は背面からの写真

背中の背面裾の中央部分にはスリットがあり、ボタンで閉開できるようになっています。

これもバイクに乗るときに可動域を最大限確保するために作られたディテールだと考えられます。

寒い日はこのスリットを閉じることで保温性が高まり、開けて着ればより風になびいてドレープ感を出すことができます。

(M35)フランス軍のモーターサイクルコートのサイズ感

一般的に洋服にはSやM,2や3といったサイズ表記があると思いますが、モーターサイクルコートはこのタグ表記が当てはまりません。

モーターサイクルコートのサイズ表記は1から6までありますが、1が6よりでかかったりその逆もあったり。

同じ1サイズでもほんとに個体差があります。

人によってはこのサイズ表記の番号は、サイズではなく部隊の所属番号を示しているのでは?という人もいます。

なので店舗で試着することが望ましいですが、ネットで購入する際は実寸で見てみましょう。

まあ基本的にかなりオーバーサイズで着るものなので、意外とどんな体系の方が着ても問題ない気がします。

細すぎてピチピチのサイズ感はまずいですが、オーバーサイズの場合ででかすぎてまずいというのは少ないかと。

僕は身長160cm代なのですが、気にせずにゆったり目に着ています。

モーターサイクルコートはリネンタイプもある

先述したとおりモーターサイクルコートの生地の多くはコットン100%のものですが、中にはリネン混紡のものやリネン100%のものがあります。

リネンの割合が高いものほど希少価値が高く、高価になります。

(M35)フランス軍のモーターサイクルコートは洗濯できる?

結論から言うと家の洗濯機で洗えます。

コットンは水洗いに強い生地です。

乾燥機にかけると多少の縮みは生じますが、もともとオーバーサイズのコートなのであまり気にならないと思います。

生地やボタンの痛みも気になるかもしれませんが、そもそも小綺麗な生地やボタンというよりは経年変化した風合いが魅力の服なので、傷むことに対して神経質になる必要はない気がします。

僕の周りもウールやシルクなどの動物性繊維でなければ、ヴィンテージは自分で洗濯機で洗濯する人が多いので、あまり気にせずに洗っていいと思います。

一応補足するとリネン素材のタイプはシワになりやすいので、どうしてもシワが気になる人はクリーニングに出しましょう。

(M35)フランス軍のモーターサイクルコートはレディースが着ても可愛い

ミリタリーというとどうしても男臭い印象がありますが、モーターサイクルコートは丸襟やAラインシルエットのおかげで上品かつフェミニンな雰囲気をもっています。

なので男性だけでなく女性が着てもとても素敵だと思います。

(M35)フランス軍のモーターサイクルコートこれからどんどん値上がりする

M35もモータサイクルコートは、ユーロヴィンテージの再熱からかどんどん値上がりしていっています。

デッドストックの数も減っており、これからますます値上がりしていくことが予想されます。

欲しい方は早めに手に入れておくことをオススメします。

洋服も立派な資産であり、ユーロヴィンテージのように安価な時に手に入れることができれば、将来不要になっても高値で売ることができます。

様々なデザイナーが影響を受け、自分のデザインのサンプリング元として用いるこのM35のフランス軍のモーターサイクルは服好きには誰にでもオススメできるアイテムなのでぜひ購入を検討してみてください。

 

この記事が皆さんの役に立てれば嬉しく思います。