Designed by Photoangel / Freepik
ガジェット

楽天モバイルへの乗り換えにかかる時間を解説。早く乗り換える方法とは?

この記事は

・楽天モバイルへの乗り換えを検討している方

・早く楽天モバイルへ乗り換えたい方

・乗り換え手続きにどのくらい時間がかかるのか知りたい方

には参考になると思います。

 

こんにちは

楽天モバイルへ乗り換えを考えている方にとって、この乗り換え手続きにどのくらい時間がとられるのかということは気になるところではないでしょうか。

楽天モバイルの乗り換え手続き作業っていくつもあるので、毎日働いている人からすると

「そんな時間を確保する余裕がない」

と思う人も多いはず。

なのでこの記事では、楽天モバイルへの乗り換え手続きにどのくらい時間がかかるのか、時間を十分にとれない場合のベストな乗り換え方などを述べていこうと思います。

楽天モバイルへの乗り換えにかかる時間

楽天モバイルへの乗り換え作業にかかる時間と順番をざっくりとまとめると、

楽天モバイルへの申し込み前の作業

① SIMロック解除 約10分

② MNP予約番号入手 約10分

申し込み~SIMが届くまで

③ 楽天モバイルへの申し込み 約20分

④ 申し込みからSIMカードの到着まで 約3日

SIMが到着してからやる作業

⑤ MNP開通手続き 約20分

⑥ MNP開通手続き完了から使用開始まで 早くて10分・最長で半日

のような感じになります。

SIMロック解除やMNP予約番号の取得は基本的にWebか電話ですることが多く、電話の場合は混雑状況によりかかる時間は変わってきます。(店舗の番号取得は一時間ほどかかります)

またSIMが届くまでの日数も、場合によっては4日かかるときもあるでしょう。

ですがかかる時間の目安としては上記の通りに考えてもらえればいいと思います。

また楽天モバイルへの申し込みにはWebでするやり方と店舗でするやり方の二種類があります。

Webで申し込みをするのか、店舗で申し込みをするのかでかかる時間が変わってきますので、そのことについてはこれから説明します。

Webでの申し込みの場合、かかる時間は約3日

Webで申し込みをする場合、SIMロック解除から楽天モバイルの使用開始までにかかる時間は約3日になります。

というのも申し込みが完了して、楽天モバイルのSIMカードが届くまでに約3日かかるためです。

時間はかかりますが、その間は今までお使いのキャリア回線は使用できるので心配する必要はなしです。

店舗に行く時間が省かれるので、急いで楽天に切り替える必要はない・申し込みをする時間がないという人はWebでの申し込みがいいのではないでしょうか。

店舗での申し込みの場合、かかる時間は最大で半日

店舗で乗り換えの申し込みをした場合は、その日から楽天モバイルを使用できます。

だいたい店舗について申し込みから楽天モバイル使用開始までの時間は一時間弱。

ただし店舗までの移動時間や、店舗の混雑によって発生する待ち時間によっても、かかる時間は大きく変わってきます。

なのではっきりと正確な時間を書くのは難しいですが、長くても半日あれば乗り換え作業を完了することができるでしょう。

楽天モバイルへはWebと店舗どちらで申し込めばいい?自分に合う方法は? この記事は ・楽天モバイルへの乗り換えを検討している人 ・楽天モバイルへ店舗申し込みとWeb申し込みの違いを知りたい...

MNP開通手続きを完了する時間に注意

楽天モバイルのSIMカードが届くと、今まで使っていたキャリア回線を楽天回線に切り替えるMNP開通手続き(MNP転入)という作業をすることになります。

MNP転入の申請をしてから完了認定をうけるという2つの工程があります。

難しいものではなく、MNP転入の申請自体は10分から15分程度で終わらせることができる作業ではありますが、この作業の完了時間によっては、楽天モバイル使用を開始できる時間が伸びてしまいます。

上記の表のように夜21時以降に開通手続き(MNP転入の申請)を終えた場合、完了認定されるのが翌日朝9時以降になるんですね。

逆に夜21時より前に開通手続き(MNP転入の申請)を終えることができれば、割と早く完了認定されます。(かかる時間はばらばらだが早く完了する場合が多い)

楽天モバイルからMNP転入を完了したと認定されて、楽天SIMカードを取り付け、ようやく楽天モバイル使用開始となります。

楽天モバイルへの乗り換えの時間を短縮したいなら、夜に作業するのはやめよう

先程説明したように開通手続きは夜の21時以降を過ぎると、楽天モバイルの使用開始時間が翌朝に伸びてしまいます。

同様にMNP予約番号の発行手続きも夜20時以降に完了した場合は、番号が送られてくるのが翌朝の9時以降になります。

MNP予約番号の発行はどのキャリア会社でも、店頭や電話での発行申し込みだけでなく、24時間受付のWebによる発行申し込みもあります。

しかし申し込み自体は何時でも可能だが、番号が送られてくるのは翌朝ということがありますので気を付けましょう。

夜に急いで乗り換え手続きを始めても、予約番号がなければ申し込みができませんので、翌朝番号が送られてくるのを待つことになり時間をロスしてしまいます。

ちなみにSIMロック解除もdocomo以外は24時間受付をしていないので、自分がお使いのキャリアのSIMロック解除の受付時間を確認しておきましょう。

楽天モバイルへはeSIMを選択すると開通までの時間がほとんどかからない

楽天モバイルでは申し込み時にSIMカードをnanoSIMかeSIMにするかの選択ができます。

普通なら乗り換えに3日程かかるWeb申し込みでも、eSIMを選択した場合はその日中に楽天モバイルを使い始めることができます。

というのもnanoSIMというのは実体のある取り外し可能なカードなので、申し込みをして楽天SIMカードが届いた後、お使いの機種にこのカードを取り付けてようやく楽天モバイルへの乗り換え完了という形になります。

それに対してeSIMはスマホに内蔵された本体一体型カードなので、楽天SIMカードの到着を待つ必要がないのです。

なので楽天モバイルにWebで申し込みたいけど乗り換えに時間をかけたくないという方は、eSIMを選択するといいかもしれません。

ちなみに即日乗り換えをしたい場合はeSIMを選択するだけでなく。本人確認方法をeKYC(AIかんたん本人確認)にする必要があるので注意してください。

詳しくは「楽天モバイルのeSIMやeKYCとは?公式サイトより詳細に解説します」で解説しておりますので参考にしてみてください。

楽天モバイルへの乗り換えに時間をかけない方法まとめ

ここまでの流れをまとめると、あまり時間をかけずに楽天モバイルへ乗り換えたいのであれば

・楽天モバイルへの乗り換えは店舗での申し込みをする

・MNP予約番号の発行や開通手続きの作業を夜の遅い時間にするのは避ける

・Web申し込みをしたいなら、eSIMを選択することを検討する

といった方法をとりましょう。

 

いかがでしょうか

この記事が皆さんの役に立てれば嬉しく思います。