Designed by Photoangel / Freepik
ファッション

ジョージコックスとは。購入を悩んでる方に向けて徹底解説します。

ジョージコックス

この記事は

・ジョージコックスの購入に悩んでる人

・ロックテイストなファッションが好きな人

・人と被らないような服を探している大学生

には参考になると思います。

こんにちは

ジョージコックスというシューズブランドを知っていますか。

ジョージコックスは様々なロックミュージシャンに愛されてきたイギリスの名品です。

オールデンやJ.Mウェストンなど名だたる革靴メーカーは数多くありますが、それらの名作シューズってクラシックな見た目から、自分の私服には合わないと感じている方もいるんではないでしょうか。

「デザインは凝ってるけど、ちゃんとした造りの革靴が欲しい」

「ファッションブランドではなくシューズ専業ブランドの靴で、個性を出したい」

という方にオススメなのがこのジョージコックスの革靴。

僕も靴が好きなのでパラブーツなどのファクトリーブランドや、アンドゥムルメステールなどのモードブランド、そしてアルチザン系と呼ばれるブランドが出してる革靴やブーツを所有していますが、ジョージコックスは大学生の頃からずっと履き続けているブランドの一つ。

今回の記事ではこのジョージコックスの良さをシェアしていこうと思うので、興味がある方は参考にしてみてください。

ドクター・マーチンが好きだけど、周りと被りたくないという大学生も参考になると思います。



ジョージコックス(George cox)とは?

ジョージコックスは1906年にジョージ・ジェイムス・コックスが、イギリスのノーザンプトンで創業した歴史あるブランドです。

1949年に世界で初めて革靴にラバーソールを採用したシューズを開発したことでも知られています。

1950年代ごろから「テディボーイ」と呼ばれるロンドンの不良少年たちの間で広まっていきます。

1960年には「モッズ」、1970年あたりからは「パンクミュージシャン」に履かれだし、それ以来ロックミュージシャンの多くがこのジョージコックスを履くようになりました。

ジョンロブやクロケット&ジョーンズがイギリス王室御用達の両流階級向けのシューズならば、ジョージコックスはカウンターカルチャーを表現した大衆のための靴といえます。

大衆靴とは言ってもとてもしっかりとした造りで、伝統のある立派なブランドです。

巨大化するファッション業界の中で、今もなお家族経営での靴の製作をしているクラフトマンシップにあふれたブランドといえます。

ジョージコックスといえばラバーソール

3588 VI GIBSON

 

ラバーソールとはゴム製の分厚いクレープソールが靴底にまかれたシューズのことをいいます。

先述の通り、ジョージコックスが世界で初めてラバーソールを用いました。

ラバーソールというのは和製英語で正式名称はブローセル・クリーパーズといいます。

特にジョージコックスのラバーソールの靴で代表的なのが[3588 VI GIBSON]というモデル。

ボテッとした可愛らしいソールと、クールなアッパー部分が見事に融合しており他にはないヴィジュアルを作り出しています。

この個性ある表情のおかげでシンプルな服装に合わせれば、それだけで他人とは違うコーディネートが完成します。

13327と呼ばれるブーツタイプもあります。

ラバーソールの歩き心地

ラバーソールは厚いゴム製のため他の革靴と異なり、歩いた時に柔らかな質感を感じることができます。

また革靴特有の足音もほとんど出ません。

ですが厚底で重量があるため,慣れていないとあまり歩き心地はいいとはいえません。

個人的にはソールがフラットなため、高さのあるヒールブーツに比べると、歩いた時のバランスはとりやすいです。

お世辞にも歩きやすい靴とはいえませんが、その独特なヴィジュアルは所有していると愛着が湧き、つい履いてしまうような靴ですね。

ジョージコックスはレザーソールやエアクッションソールもある

ジョージコックスというとラバーソールに目が行きがちですが、レザーソールやエアクッションソールなどの種類もあります。

 

上の画像はエアクッションソールの代表モデルである12030

レザーソールは普通の革靴と同じようなものですが、エアクッションソールはラバーソールと同様にゴムのような弾力のあるソールが使われており、ラバーソールに比べると厚みがない分スタイリッシュにみえます。

ラバーソールに比べると、シンプルで軽いので普段のコーディネートに組み込みやすくなっていますが、ジョージコックスらしいクールなルックスは残されています。

これらのモデル以外にもつま先に丸みを帯びたものやローファータイプのもの、カラー展開もシックな物から鮮やかなものまで色々展開しています。

ジョージコックスを履いている芸能人ー甲本ヒロトも愛用

ジョージコックスはセックスピストルズやダムドなど歴史的なパンクバンドのメンバー達から履かれてきました。

日本人だとブルーハーツの甲本ヒロトさん。

甲本ヒロトさんのファッションに憧れている人にはジョージコックスの靴は強くお勧めします。

昔は黒夢の清春さんも履いていましたね。

モッズ風のコーディネートを組みたいという方もジョージコックスはドンピシャにハマると思います。

ジョージコックスのサイズ感

ジョージコックスのサイズは他の革靴に比べて大きめになります。

お世辞にも歩きやすい靴とはいえないので、サイズ選びは慎重にする必要があるため以下の記事に詳細にまとめていますので、ぜひサイズ選びの参考にしてみてください。

ジョージコックス サイズ
ジョージコックスのサイズ感を解説。失敗したくない人はぜひ読んでください この記事は ・ジョージコックスのサイズ感を知りたい方 ・ジョージコックスのどの種類を購入するか悩んでいる方 に...

ジョージコックスってダサい?

ジョージコックスは非常に個性的なルックスをしているため、ダサいかどうか気になっている人は多いと思います。

結論をいうと一般受けはしないけど、かっこいい靴です。

今のトレンドとはかけ離れてるかもしれませんが、そもそもジョージコックスは歴史も知名度もあるシューズブランドで、流行なんかとは無縁の普遍的な名作です。

シンプルな見た目ではないので万人受けはしませんが、服が本当に好きな人にはわかってもらえる靴だと思います。

同じようにロックミュージシャンに愛された靴にドクターマーチンがありますが、マーチンは人と被りますよね。

大学生に着用者が多いことから、社会人になるとマーチンは履きづらいと感じる人もいるかもしれません。

そんな人にこそ、ジョージコックスは人と被りにくく服好きの人にも理解を得れるため、オススメできる靴です。

もしジョージコックスの個性的なルックスに抵抗ある人は、先程説明したレザーソールやエアクッションソールのものを選ぶと、普段使いしやすいためオススメです。

ジョージコックスに偽物はある?

ジョージコックスは安価な靴ではありませんので、オークションサイトや古着屋で購入を検討している方もいると思います。

そういう方にとって気がかりなのが、偽物を購入してしまうんじゃないかということ。

結論を述べるとジョージコックスに偽物はほとんどありませんし、少なくとも僕は見たことがないです。

というのもジョージコックスは歴史あるブランドですが、トレンド性があるわけでもないですし、グッチやサンローランのように誰もが知るメゾンブランドではありません。

靴ってファッションアイテムのなかで一番コストも労力もかかるものなので、相当人気のものでない限り、偽物を売ってもコスパが悪いんですよね。

なので偽物の心配はしなくても問題ないと思います。

ジョージコックスのコーデに合うブランドやアイテム

ジョージコックスは細身のロックテイストなコーデに合わせるイメージが強いですが、ワイドパンツなどにもばっちりハマります。

あのコムデギャルソンともコラボしているとおり、モードブランドとの合わせやアイビー風な格好にも相性がいいです。

あまりジャンルやブランドのもつ背景にこだわることなく、自分なりのコーデを作るのがベストではありますが、ここではジョージコックスと合わせやすいであろう定番ブランドやアイテムをご紹介しておきます。

フレッド・ペリー

1952年にテニス選手であった「フレッド・ペリー」がロンドンで設立したブランドで、始めはスポーツウェアに特化したブランドでしたが、徐々にポロシャツがモッズ達からの支持を得て、様々なロックミュージシャンに着られるようになりました。

モッズファッションの定番であるモッズコート(M-51)もフレッド・ペリーの代表的なアイテムであり、ポロシャツとともにジョージコックスと相性抜群のアイテムになります。

ラグスマックレガー

アメリカの老舗であるアメトラブランドであるマックレガーが2011年に発表した新ブランド。

アメカジ要素が強いので、UKファッションアイテムであるジョージコックスとは相性が悪いようにも感じますが、どこかヴィンテージの雰囲気があり音楽の匂いがするラグスマックレガーの服はジョージコックスと合わせるとカッコよく決まります。

イブ・サンローラン

 

メゾンブランドでジョージコックスと相性のいいブランドといえばサンローランでしょう。

メゾン特有の高級感を持ちながらも、ロックの匂いがするサンローランの服はミュージシャンが多く着用しています。

ちなみに今のサンローランはアントニーヴァカレロという方がデザイナーをされていますが、前任デザイナーのエディ・スリマンの作る服はとてもロックな匂いが強くジョージコックスと相性がいいです。

エディは今はセリーヌにいますが、過去にはサンローランだけでなくディオールオムでもデザイナーを務めていたため、これらのブランドからジョージコックスに合わせる服を選んでみてもいいかもしれません。

メゾンブランドは価格が高いのがネックですが、昔のサンローランやディオールオムであればオークションなどで探すと意外と安価な値段で購入できることもあります。

現セリーヌのエディスリマンってどんなデザイナーかを解説します この記事は ・モードファッションが好きな人 ・ファッションデザイナーについて詳しくなりたい人 ・ファッションと...

ジョージコックスはソール交換可能なので、修理すれば長く履くことができます

ジョージコックスはグッドイヤーウェルト製法というイギリスの高級靴に多く見られる製法で作られています。

このグッドイヤーウェルト製法は理論上は何度もソールを交換できる作り方なので、かかとの部分が削られてしまったらリペアショップでソールを交換してもらいましょう。

価格は1万円から2万円ほどになり、新品を買うよりはるかに安く靴を復活させることができます。

もしジョージコックス社オリジナルの純正ソールで交換したい方はこちらのジョージコックスショップにソール交換を依頼しましょう。

ジョージコックスショップは宅配での利用も受け付けているとのこと。

純正のソールにこだわりがなければ、だいたいのリペアショップで対応してくれると思います。

きちんとラバーソールで修理可能ですし、純正でなくとも見た目の違いはほとんどわからないように仕上げてくれる店も多くあります。

レザー自体もしっかりしたレザーなので耐久性も問題なし。

ジョージコックス僕が4年ほど履き続けているポニーレザーの8075モデル。

 

僕が今履いてるものも4年ほど愛用しているのですが、まだまだ活躍してくれると思います。

ジョージコックスはトレンドに関係なく履ける名作シューズですので、悩んでいる方にはぜひ購入することをオススメします。

 

この記事が皆さんの役に立てれば嬉しく思います。