Designed by Photoangel / Freepik
ファッション

ドクターマーチンのサイズ感を解説。失敗したくない人は必見です。

この記事は

・ドクターマーチンの購入を考えている人

・長い期間マーチンを愛用したい人

・革靴の購入に慣れていない人

には参考になると思います。

 

こんにちは。

日本でも大人気のドクターマーチンはいまや通販でも購入できる身近なシューズです。

ですが通販で購入する場合、サイズ選びが難しいですよね。

なのでこの記事ではドクターマーチンのサイズについて様々な視点から解説していこうと思いますので、通販で購入を考えている人だけでなく店頭で購入を考えている人も参考になると思います。

革靴はスニーカーよりもサイズ選びが難しいですが、この記事を読めば自分に合うサイズを選ぶことができ、長く愛用することができます。

メンズ・レディースともに解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。



ドクターマーチンのサイズ感の特徴

1.1 ハーフサイズ展開がない

革靴でもスニーカーでもサイズは0.5刻みで展開されることが多いです。

しかしドクターマーチンはこのハーフサイズ展開がないので、24cmや26cmといったきりのいい数字しかならず、自分のサイズがないと思われる方が多いです。

25.5や27.5などハーフサイズの靴が自分の足にジャストの人の場合は、どういうサイズ選びをすればいいのかについては後程解説します。

1.2 ドクターマーチンはUKサイズ展開

通常日本のシューズ販売店ではサイズ表記はcmで表示されることが一般的ですが、楽天などのネットショップや海外のECサイトなどでは、ブランドによってはUK表記やUS表記でサイズが記載されている場合もあります。

ドクターマーチンの公式ホームページではcmで表記されていますが、他の通販サイトではUK表記のみの場合もよくあるため、サイズ選びが難しいと感じるかもしれません。

ドクターマーチンはイギリスのブランドのため、UK表記が多くなるんですね。

このUK表記の時のサイズの選び方も後程解説します。

1.3 ドクターマーチンの靴は一般的なスニーカーよりも大きめ

ドクターマーチンに限らず多くの革靴やブーツに言えることですが、一般的なスニーカーよりも0.5~1cm程大きめに作られています。

例えばスニーカーの26cmと革靴の26cmでは履いた時のサイズ感が、革靴の方が大きく感じられるということ。

普段革靴をよく買う方にとっては問題ないかもしれませんが、スニーカーしか履かないという方は、マーチンを購入する際は注意が必要です。

ここまでマーチンのサイズの特徴を説明してきましたが、ここからは具体的なサイズの選び方について説明していきます。

ドクターマーチンのサイズの選び方

2.1 ドクターマーチンの革靴は普段使っているスニーカーより小さめを選ぼう

先程も述べた通り、マーチンなどの革靴はスニーカーより大きめに作られていることが一般的です。

なのでマーチンを買うときは、普段26cmを履いている人なら25cm、普段24cmを履いてる人なら23cmを買えばOKです。

マーチンはハーフサイズがないので、自分の足がハーフサイズがベストという方は、ジャストサイズより0.5下げたサイズを買えば大丈夫です。

普段25.5を履いている人は25cmといった感じです。

2.2 ドクターマーチンのサイズ表

通販サイトなどでUKサイズの表記のみでどのサイズを買えばいいかわからないという方のために、サイズ変換表を作りました

ドクターマーチン サイズ

基本的にこのサイズ表に従えば問題ありません。

ただし、先述の通りマーチンは普段のスニーカーよりワンサイズ小さめを買うべきなので、スニーカーサイズが27cmの人はUK7=26cmのものを選ぶようにしましょう。

2.3 試着ができるなら横幅で合わせよう

基本的にマーチンのサイズの選び方は今まで説明した通りにすれば失敗することはないと思います。

ですが通販ではなく店頭で試着ができる場合は、ここまでのサイズ選びの説明+横幅がジャストサイズになるようなサイズを選ぶとよいでしょう。

具体的にはつま先は余白があり、横幅はちょっときつめがベストです。

革靴は元々捨て寸と呼ばれるつま先の余白が設けられているため、自分の足より縦幅が長くても問題ありません。

横幅がピッタリとフィットするのが正しい革靴の選び方です。

最近では革靴を最初はきつめに履くという人は減ってきてはいますので、その辺は各々の好みではありますが、横幅をピッタリで履くのが正しい革靴の選び方です。

ちなみに革靴は履きこむと横に伸びるので、最初はきつくても感じても徐々に慣れてきますよ。

ドクターマーチンのサイズ選びに失敗してしまったら?

3.1 購入した靴が大きい場合

ドクターマーチンの革靴が大きく感じるのであれば、インソール(中敷き)を入れることで解決する可能性が高いです。

インソールは100均で売ってるクッションタイプのものからレザー素材のものまで、様々な種類があります。

ちなみにマーチンの純正のインソールも販売されています。

たかがインソールと思うかもしれませんが、インソールを入れるだけで劇的にフィット感が上がりますので試してみてください。

3.2 購入した靴が小さい場合

先述の通り革靴は横に伸びますので、若干キツイ程度であれば履いていくと足に馴染んできます。

なので近所に出かけるときに短時間履くなどして、数か月間にわたって慣らしていきましょう。

ただし明らかに小さい場合やつま先に余白がない場合は、その靴を履き続けるのは正直難しいです。

新品に近いうちに売ってしまったほうがいいかもしれません。

メルカリなどではマーチンは割と高値で取引されていますので、メルカリを使うのも一つの手だと思います。

ドクターマーチンのサンダルのサイズ感

出典 楽天市場

 

ドクターマーチンといえば3ホールシューズが代名詞ですが、サンダルも非常に人気があります。

ただしサンダルは自分の足より大きめのものを選ぶとかなり履きづらいです。

マーチンのサンダルはストラップ式のものが多く、横幅を調整することができるので、気を付けるのは長さです。

実はサンダルはかかとがはみ出た履き方をしても問題ないため、自分の足より1cmほどしか余白ができないくらいのサイズでも問題はありません。

なので通販で買う方は、問い合わせでサンダルの長さを聞いてみましょう。

自分の足より1cm~1.5cmより長いと失敗する可能性がありますので注意です。

マーチンのサンダルはコスパが高く、3ホールシューズよりは人と被りにくいのでオススメです。

 

いかがだったでしょうか

この記事が皆さんの役に立てば嬉しく思います。